宇佐市の整骨院 宇佐整骨院 腰 痛

《 腰の症状や痛み 》

次のような腰痛でお困りの方は、
お気軽にご来院下さい!

 腰痛で来院する患者さんの訴える症状は、次のようになんとなく気になるという軽い症状から、しびれがある、非常に強い痛みで動けないなど、様々な症状の訴えがあります。

 ・なんとなく腰が重い
 ・腰が張った感じがする
 ・寝返りが痛い 
 ・起き上がるときに痛い
 ・長く座っていると痛い
 ・力を抜いて座ると痛い
 ・椅子から立つときに腰が伸びずに痛い

 ・中腰になると痛い
 ・歩くときや階段の上がり降りでで腰が痛い
 ・腰から臀部のところが痛い
 ・足がシビれて、指が動きにくい
 ・長く歩くと脚がつっぱってくる

 当院では腰部の症状を詳しく確認して、整骨や鍼灸の施術の適応となる症状(原因や症状が骨・関節・筋肉の使い方や動き方によるけがや痛みしびれなど)に対しての施術を行います。
 腰部の症状には、ぎっくり腰、筋・筋膜性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症などを初めとして多くの整形外科的疾患もあり、内臓の病気が原因で腰痛を発しているものや、精神的なものが原因となっていることもあります。

 当院では必要に応じて適切な医療機関をご紹介します。
安心して宇佐整骨院にお任せください!

 

 

施 術 方 針

施術は、《3本柱》で行います!

1.症状と原因を正しく診ます!
・症状と原因を正しく診ることは当然です。
2.患部に「最適な施術」を行います!
・患部に電気治療やマッサージなど、最適な施術を行います。
3.体幹と手足の、全体を良くします!
・原因である①体の「使い方・動き方」、②長年の習慣による体幹・手足の全体のつながりのくせやゆがみなどを良します。

1)症状と原因を正しく診ることは当然ですが、患部以外の他の部位が原因となっている場合などは、正しく診られていないことがよくみられます。当院ではこれらの原因も含めてしっかりと診察して、正しい原因をみつけて治療を進めます。
2)
次に症状に対して最適な施術を行います。
3)そして原因のひとつである①体の「使い方・動き方」に対して、症状が早く改善して再発しない使い方や動き方を指導します。
更に②長年の生活習慣から起こる、体幹・手足のつながりや動きのくせやゆがみ(悪い姿勢で悪い動きをする)が、根本原因なり、頚・肩・腰・膝などの関節や筋肉のケガや痛みを起こしやすくしています。さらに椎間板ヘルニアや変形性関節症などが発生しやすくなる原因のひとつにもなります。そのために、体幹と手足の体全体のつながりや動きのくせを改善することも大切にしています。

 さらに詳しくはこちらへ

施術の流れ 

受付で記入して頂いた予診票をもとに、さらに詳しく症状や原因を確認して、早く改善するように適切な施術を進めていきます。 


詳しくはこちらへ

施術内容の紹介

症状や原因の診察を基にして、患部に対しての適切な処置と、症状に応じて骨盤・背骨・姿勢などの全身の施術を進めていきます。


ストレッチポールひめトレスイングストレッチATM治療器
リアライン・コアバランスシューズレッグプレスリアラインコンセプト、 ストレッチ体幹トレーニングKOBA式★体幹バランストレーニング

詳しくはこちらへ

 

宇佐市の宇佐整骨院 ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰は癖になるとよくいいますが、本当でしょうか?
 正しく言うと、ぎっくり腰がくせになるのではなく、ぎっくり腰になりやすい生活習慣や姿勢をしているからです。
 例えば
 ・腰が硬い。
 ・腰やお腹の筋肉が弱い。
 ・中腰姿勢が多い。
 ・柔らかい布団で寝ている。
 ・いつも同じ肩に荷物を持つ
 ・お腹ででている。 
 ・足を組むことが多い。
 ・長時間座ることが多い。 
   など腰痛になりやすい生活習慣はたくさんあります。

ぎっくり腰は何が悪い・痛いのでしょうか?
 『ぎっくり腰』といわれている症状には、その動きをした瞬間に激痛が出現し全く動けなくなる状態から、なんとなく痛くした腰痛が徐々に悪化して動きづらくなる症状まで様々です。
 その原因は、骨や筋肉、神経などが痛みを感じていますが、早めに診察を受けて症状を確認して適切に対応することをお勧めします。

過剰に安静にせず、適切に動きを維持することも大切です
 またぎっくり腰に対しての認識や対応にして、間違っていることが多く、回復を遅くしていることがよくあります。
 特に初期の対応が非常に大切であり、一つは温めたりせずに氷などで冷やして痛いことを控えることです。
 そして特に大切なことは、動くことへの適切な対応です。
 もちろん痛い動きをすることは良くありませんが、ぎっくり腰は動かない方が良いと思いすぎていることから、過剰に安静にしてしまい、治りを遅くするだけでなく、余計に症状を悪化させていることを患者さんにも多くみかけます。
 激痛と共に動けなくなった場合を除いては、適度に動きを維持して施術を進める方が治りが良いことが多いのが現実です。
 痛みがあるけれど来院できるようであれば、早めに診察して最も適切な対応を確認することをお勧めします。

 動けずに来院ができない場合は、安静にして氷などで冷やして、動けるようになってから来院して下さい。どうして良いかわからない時は、電話でお気軽にお尋ね下さい。

水曜日午後の「体づくり」

「エキテン」の口コミのご紹介

宇佐整骨院のフェイスブック

Copyright(c) 2013 PSI All Rights Reserved.