宇佐整骨院

宇佐市の整骨院 宇佐整骨院 腰 痛

《 腰 痛 》

次のような腰痛でお困りの方は、お気軽にご来院下さい!

 腰痛で来院する患者さんの訴える症状は、次のようになんとなく気になるという軽い症状から、しびれがある、非常に強い痛みで動けないなど、様々な症状の訴えがあります。

 ・なんとなく腰が重い
 ・腰が張った感じがする
 ・寝返りが痛い 
 ・起き上がるときに痛い
 ・長く座っていると痛い
 ・力を抜いて座ると痛い
 ・椅子から立つときに腰が伸びずに痛い

 ・中腰になると痛い
 ・歩くときや階段の上がり降りでで腰が痛い
 ・腰から臀部のところが痛い
 ・足がシビれて、指が動きにくい
 ・長く歩くと脚がつっぱってくる

 腰部の症状を発するけがや整形外科的疾患の種類は、主に筋肉、関節、神経などが痛みを発するものとして、ぎっくり腰、筋・筋膜性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症などを初めとして多くの疾患があります。 中には、内臓の病気が原因で腰痛を発しているものや、精神的なものが原因となっていることもあります。
 当院では、整骨・鍼灸の施術対象となる症状に対しての施術を行います。


 

施術は、症状と根本原因を改善する為に、《3本柱》で行います! 

《 1.患部の施術 》
 ・症状を感じている局所に、電気治療やマッサージなどの手当を行います。
《 2.使い方・動作の指導 》
 ・症状が早く改善して再発しない使い方や動き方を指導します。
《 3.症状を起こさない為に、動きを良くする土台を強くする 》

 ・体幹や手足などの関節や筋肉のゆがみ・バランスや動きのくせを改善する。

 頚・肩・腰・股・膝・手足などの痛みなどを発生させる根本原因のひとつとして、「動きを良くする土台」である体幹や手足の関節や筋肉のゆがみ・バランスの悪さや動きのくせなどがあります。
 一時的に患部の症状だけを楽にしても、これらのゆがみやバランスの悪さや動きのくせがあることで、症状が繰り返し再発することにつながります。
 当院では症状をよくするために、《 1.患部の施術 》をはじめ、《 2.使い方や動作の指導 》を行い、更に根本原因のひとつである、体幹や手足の関節や筋肉のゆがみ・バランスの悪さや動きのくせなどの変化を全体的に確認し、《 3.症状を起こさない為に、動きを良くする土台を強くする 》方法も指導致します。

 当院では詳しく症状を確認して適切な施術を進めて行きます。
 
症状に応じては整形外科等の適切な医療機関をご紹介しますので、
安心して宇佐整骨院にお任せください!

 

当院の施術の進め方

 

 受付で記入して頂いた予診票をもとに、さらに詳しく症状や原因を確認して、早く改善するように適切な施術を進めていきます。 


詳しくはこちらへ

当院の施術内容のご紹介

 

 症状や原因の診察を基にして、患部に対しての適切な処置と、症状に応じて骨盤・背骨・姿勢などの全身の施術を進めていきます。

ストレッチポールひめトレスイングストレッチATM治療器
リアライン・コアバランスシューズレッグプレスリアラインコンセプト
ストレッチ体幹トレーニングKOBA式★体幹バランストレーニング
詳しくはこちらへ

 

施術費用について


①健康保険の対象となる症状の場合・・・保険割合負担額(1~3割)
②健康保険の対象とならない症状の場合・・・1000~3500円
③鍼治療の場合・・・1000~3500円
④慰安を目的の場合は、健康保険の対象になりません
 ・こりほぐしコースをご利用ください

 施術費用の詳しい説明はこちらをご覧ください


※整骨院で健康保険が使える時の説明
次の①②③が同時に満たされる場合に限られています。
①国家資格者(柔道整復師)が開院している整骨院であること。
②施術をする関節や筋肉などの症状が健康保険の適応であること。
③症状の発生時期や原因が健康保険の適応であること。
●当院は柔道整復師と鍼灸師の国家資格者であり、開業の認可を受けています。
●②③の症状や原因については、診察時にお尋ねしてわかり易く説明致します。
●適応となる症状で、原因を忘れていたり見過ごしていることもよくあります。
 詳しく診察して確認いたします。 
※上記以外で整骨院で健康保険を使用することはできません。

宇佐市の宇佐整骨院 ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰は癖になるとよくいいますが、本当でしょうか?
 正しく言うと、ぎっくり腰がくせになるのではなく、ぎっくり腰になりやすい生活習慣や姿勢をしているからです。
 例えば
 ・腰が硬い。
 ・腰やお腹の筋肉が弱い。
 ・中腰姿勢が多い。
 ・柔らかい布団で寝ている。
 ・いつも同じ肩に荷物を持つ
 ・お腹ででている。 
 ・足を組むことが多い。
 ・長時間座ることが多い。 
   など腰痛になりやすい生活習慣はたくさんあります。

ぎっくり腰は何が悪い・痛いのでしょうか?
 『ぎっくり腰』といわれている症状には、その動きをした瞬間に激痛が出現し全く動けなくなる状態から、なんとなく痛くした腰痛が徐々に悪化して動きづらくなる症状まで様々です。
 その原因は、骨や筋肉、神経などが痛みを感じていますが、早めに診察を受けて症状を確認して適切に対応することをお勧めします。

過剰に安静にせず、適切に動きを維持することも大切です
 またぎっくり腰に対しての認識や対応にして、間違っていることが多く、回復を遅くしていることがよくあります。
 特に初期の対応が非常に大切であり、一つは温めたりせずに氷などで冷やして痛いことを控えることです。
 そして特に大切なことは、動くことへの適切な対応です。
 もちろん痛い動きをすることは良くありませんが、ぎっくり腰は動かない方が良いと思いすぎていることから、過剰に安静にしてしまい、治りを遅くするだけでなく、余計に症状を悪化させていることを患者さんにも多くみかけます。
 激痛と共に動けなくなった場合を除いては、適度に動きを維持して施術を進める方が治りが良いことが多いのが現実です。
 痛みがあるけれど来院できるようであれば、早めに診察して最も適切な対応を確認することをお勧めします。

 動けずに来院ができない場合は、安静にして氷などで冷やして、動けるようになってから来院して下さい。どうして良いかわからない時は、電話でお気軽にお尋ね下さい。

メニューの表示
Copyright(c) 2013 PSI All Rights Reserved.
クリックして電話する