宇佐整骨院

2月, 2016年

2/21 佐賀メートプラザにて公益社団法人・佐賀県柔道整復師会主催の県民公開講座の講演をさせていただきました。 

2016-02-26

2/21(日)に佐賀メートプラザにて、
公益社団法人・佐賀県柔道整復師会主催の県民公開講座で、
「発育発達に沿った体幹トレーニング~動きの土台づくり~」
と題して講演をせていただきました。

DSC_2156 (640x428)

講演の内容は、
こども達の運動能力が非常に低下していること、
そしてその運動能力の低下の内容は、
単純に運動量が低下しているだけではなく、
身体を動かす質が低下しており、

その原因として、
赤ちゃんが運動不足になっていることにより、
乳児期の姿勢の制御コントロールの発達が不足していることや、
幼児期の基本動作の習得が不足していることなどが
大きく影響しています。

そしてそれを改善するためには、
単に運動量を増やすことだけでは解決できません。
DSC_2332 (640x428)
解決の方法として、
動きの質の発達の基本となる、乳児期の姿勢や動きを
再現することが有効であるということを、
実技などをまじえながら約2時間講演させていただきました。

参加されていた、幼稚園や学校の先生方やスポーツ指導者の方々、
整骨院の先生や一般の方々から、いくつもの質問をいただき、
また「大変参考になりました」などの感謝のお言葉もいただき、
皆さんに大変関心を持っていただくことができて何よりです。
 

また佐賀県柔道整復師会の富永会長をはじめ、
開催までの準備、当日の準備など、
佐賀県柔道整復師会の学術部の先生方や、
会員の先生方にも大変お世話になりまして有り難うございました。
感謝申しあげます。

DSC_2340 (640x428)

 

 

下記に講演内容のスライドを少しご紹介します。

スライド1

 

スライド2

 

スライド9

 

スライド8

 

スライド12 

 

スライド13

 

スライド14

 

スライド26

 

スライド27

スライド29

スライド15

スライド22

スライド23

 スライド24

スライド44

2/17 みんなでよろうちどこでも体操 宇佐市 院内地区 院内農村交流センター

2016-02-17

今日は、宇佐市院内の農村交流センターで、

院内地区の皆さんに、宇佐市主催の介護予防教室

「みんなでよろうちどこでも体操」の体操指導に行ってきました(^^)

 

今回の指導内容は、

骨盤や背骨のゆがみを整えるための体操から始まり、

 

腹部のインナーユニットや腹圧をコンとロールするための腹式呼吸、

さらにひめトレを使って、

体幹や手足の安定や連動した動きを改善する体操を指導しました!

 

体操の終了後の身体の動きの改善jを

しっかりと感じていただき、

参加者の方から「次回も楽しみにしています(^^)」と

声をかけていただきました。

皆さんお疲れ様でした、次回も是非ご参加下さい(*^_^*)

20160216_132056 20160216_132124

2/13 発育発達に沿った体幹トレーニング「動きの土台づくり」 佐賀県柔道整復会主催・県民公開講座 2/21(日)

2016-02-13

2/21(日)に佐賀県柔道整復師会主催の県民公開講座にて、
発育発達に沿った体幹トレーニング
「動きの土台」づくり

と題して、お話をさせていただきます。

 

12207923_579642582185797_34514287_n


動きの土台とは、我々が日常生活やスポーツで体をかすために必要な

骨・筋肉・関節・神経などであり、

動きの土台は、乳児期、幼児期、学童期の成長に沿って発達します。

 

そしてこれらをしっかり発達させるために、

また再び弱くなった動きの土台を強くするために、

エクササイズやトレーニングなどいろんな方法が行われています。

 

そして動きの土台を良くする方法のひとつとして、

赤ちゃんが産まれてから立ち上がるまでの動きのポイントを、

エクササイズやレーニングに取り入れることが大変効果的であり、

その方法を動きの土台づくりとして指導しています。

 

赤ちゃんの動きが重要であることに気づくきっかけになったのは、

日本コアコンディション協会(JCCA)の講習がきっかけでした。

現在では、DNS(動的神経安定化)も取り入れています。

 

また赤ちゃんの動きをトレーニングに取り入れている有名なトップアスリートが、

ハンマー投げの室伏選手であり、錦織選手なども赤ちゃんトレーニングをとりいれています。

講演ではこのようなお話と実技を少しご紹介させていただく予定です。
 

メニューの表示
Copyright(c) 2013 PSI All Rights Reserved.
クリックして電話する