宇佐整骨院

東京医科歯科大学で、DNS(動的神経筋安定化)の講義に参加してきました(^^)

2019-06-04

先月5/19は東京医科歯科大学で、

DNS(Dynamic Neuromuscular Stabilization:動的神経筋安定化)の講義に

参加してきました。

DNSはチェコのプラハスクールの

パベル・コラー博士によって生み出され、

日本では前ハンマー投げオリンピック選手の室伏選手が、

トレーニングに取り入れていたことで

「赤ちゃんトレーニング」として有名になりました。

 

 

私も治療やコンディショニングトレーニングなどにも

以前からとりいれており、

昨年日本では初めて実施された実技試験に合格し、

認定エクササイズトレーナーの資格を取得しました。

 

 

今回の講義では

基本の知識の再確認と新たな知識を

吸収することができ、

コラー博士のアスリートへの指導も直接みることもできました。

 

 

講義には現在東京医科歯科大学の

スポーツサイエンスセンター長をされている

室伏教授も同席する時間もあり、

お会いすることもできて

大変充実した1日をすごすことができました。

 

翌日からは講義で得た新しい内容を

早速治療やトレーニングに生かしています。

赤ちゃんトレーニングの指導もしていますので、

興味のある方はお気軽にご相談ください。

   

メニューの表示

水曜日午後の「体づくり」

「エキテン」の口コミのご紹介

宇佐整骨院のフェイスブック

Copyright(c) 2013 PSI All Rights Reserved.
クリックして電話する